優雅なことを言っていたら里子や迷子が 集まっていつの間にやら通算5本のフェレットが…
フェレット | 雑記 | スポクラ | ご挨拶 | ワンコ | 未分類 | 
プロフィール

かあtan

このブログはリンクフリーですが、
一言お知らせ頂けると嬉しいです。

最近の記事+コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
只今ご覧頂いているのは
 名さまです
ブログ内検索
RSSフィード
来るもの拒まず(?)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フェレのみなさん


お坊ちゃま

アスリート
2009年8月、天空へ


ガブリエル
2010年9月、天空へ

食いしん坊
2010年8月、天空へ

フェレットの“ホシイナ”いろいろ
★ドリンキングキット★

市販ボトルが付けられて、分解掃除も

フェレットの“オススメ”いろいろ

★テクニケア★

ふやかすタイプのフェレットフード

★パフォーマンス★

我が家のメインご飯

★8in1アルティメイト★

祖タンパク質45%以上

★フェレットバイト★

ビタミン・ミネラルの補給に

★8in1フェレトーン★

みんな大好き

他にも“オススメ”いろいろ

★お買い物は★
日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場

楽天で探す
楽天市場


★海外旅行といえば★


★キャンペーン中★


★アフィリエイトはえーはち★
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.07.16 Fri
おかーさんは決めました


予想通りバタバタしていました。

実際に右往左往というより、主に精神的にですが。

うるる


上手く歩けません。


うるる


いや、前々からコロンコロンとよく転んではいたんですけど、
そういう「足腰も随分弱ったよねぇ」な感じとは明らかに違う。

後ろ足が思い通りになっていない。


神経系の何か。抱き上げると両足ともパタパタと動かせる。ゆえに多分伝達系に支障。

どこかが麻痺しているような。いや、してる。首も左側に傾いている。



その症状を発見した時、思ったのは「低血糖の発作」。

レイアもしゅうも低血糖にみまわれた時に、首が一方に傾いでいましたし。

あの時は糖分を舐めさせたら直ぐに改善が見られたのですが、
しかし今度は効果が見られない。年齢的なものもある?

で、わたくし悩んでいたんです。


獣医さんへ連れていくかどうか。

そりゃ、速攻で行くべき!なのが当然といえば当然。


でも、ババさまにとってはもの凄いストレスなんです。通院も診察も。

連れていったら、血液検査とか輸液とかして下さるでしょう。
レントゲンを撮ったりエコーで調べたりして下さるでしょう。

しかしそれらの負担が、今のうるるにとって耐えられるものだろうか。
また耐えさせるべきものだろうか。

「ここで我慢すれば、長いスパンで楽しい時が過ごせる」ならば、そういう年齢ならば、
是非とも頑張れ!と励まし獣医さんに託すでしょう。

しかし、すでに頑張りすぎる程頑張っているうるるに、
もっと頑張れなんて口が裂けても言えやしない。

ましてや、この暑さ。獣医さんまで車で約40分の道のり。

体力のないババさまが熱中症になったら即アウトです。
クーラーを点けていたって、なる時はなる。経験済み。


どーする?どーする?さあ、どーする?


と悩みに悩んで唸りに唸って



決めました。


決め


家で静かに過ごさせてあげよう。

そう、わたしがオロオロしたって治る訳じゃない。

下手な考えを思いめぐらす時間があったら、一杯抱っこしてあげよう。


ご飯を食べさせてお尻を拭いて、撫でてあげよう。

長いつき合いだもの、うるるもきっと「それで良かろう!」と言ってくれるはず。



でもって、ここからもし奇跡の復活を遂げたら・・・



それはうるる、全てキミの生命力の勝利だよ。





ランキング

だから安心して任せときな。

応援宜しくお願いします。
左の絵をクリックして頂くとこのブログに1票が入ります。

ケータイでご覧下さっている方へ。
ケータイではバナーが機能していない場合があるようです。こちらからお願いします。 ランキング投票





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フェレット - ジャンル:ペット
フェレット    Comment(10)   Top↑

Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.07.16 Fri 12:18 [ Edit ]
うんうん! 高橋
母の選択は間違っていない!
私も何度も何十回何百回も後悔したけど
けど!息仔は母の選択を責めなかったはず。
と、私は信じていますよ。

おだやかに過ごせることを願って。
2010.07.16 Fri 12:46 URL [ Edit ]
銀の乳母
一杯抱っこ 賛成です。
おうちは まわりに 仲間もいて うるるさま 一番落ち着ける 幸せな 場所でしょう。
復活 祈ってます!
2010.07.16 Fri 12:50 URL [ Edit ]
かあtanさんステキ! まり
みなさまのブログを見ててウチの子たちにも何かあったらと考えた時、私は今のかあtanさんと全く同じ考えでした。
※その覚悟がその時出来るかどうか微妙ですが…
治療もせずに看取るのは残酷なのかな?って思ったりしてました。
だから今回のかあtanさんの行動に感動しました!
たくさん頑張ったんだ!たくさん愛されたんだ!ここのウチに来て良かった!って思ってもらいたい。だからたくさん撫でていつものように声をかけてあげたい。

そう思うのは、愛ですよね!
かあtanさんもたくさん頑張ってるから頑張れなんて言うべきじゃないかもしれないけど、感動したんでどうしても伝えたくて…
頑張って下さい!応援してます!
2010.07.16 Fri 12:50 URL [ Edit ]
acchi
今月のはじめに、インスリ闘病1年で8年間いっしょに過ごした子を亡くしました。

毛はハゲハゲ、まっすぐ歩けず、トイレも思うよう出来ず、お尻を洗って、タオルを洗っての毎日でした。
オロオロして、悲観して、の毎日でした。


でも。

時間が過ぎ、気持ちの落ち着いた今は、1年間、濃い時間が過ごせてよかったって、思っています。


うるるちゃんは幸せだよ~。
おかーさん、がんばって。
おかーさんの決断を応援します。
2010.07.16 Fri 15:32 URL [ Edit ]
よしだ
うちの先代連中も最終的にはかあtanさんと同じ選択しました。

病院のストレスって人間が思うよりすごいんじゃないかって思って。ノーストレスでいた方が残ってる生命力の消費が抑えられる?とか考えまして。


かあtanさまもばばさまも頑張って。

2010.07.16 Fri 21:00 URL [ Edit ]
お母さんガンバレ! komimi
うんうん。大好きなお家で、たくさん愛されてるって実感して、みんなと過ごすことってとっても幸せなんじゃないかと思います。
そんな環境を作ってあげること、病院に連れて行く以上に大変かもしれないけど、がんばりすぎない程度にがんばれるように応援してます!
ゆっくりゆっくり、うるる様のペースでね♪
2010.07.16 Fri 23:45 URL [ Edit ]
ゆ~こ
私も賛成!
いっぱい抱っこしてもらって、いっぱい愛されて
みんながいるお家で穏やかに過ごすのがうるるちゃまの幸せだと思います。

必ずしも同じ意見の方ばかりではないでしょうが
かあtanさん頑張れ~
2010.07.16 Fri 23:54 URL [ Edit ]
ハムタロウ
久しぶり!!!
いっぱい抱っこしてばばさまとの時間を大切に。が一番だよね。うんうん
もう、抱っこできないちょこモカの事を考えると切ないハム子はいっぱい抱っこ賛成です。
2010.07.17 Sat 05:04 URL [ Edit ]
コメント有り難うございます かあtan
 高橋さま
ええええ、フェレ太くんは絶対にニッコリでしたよね。うるるもきっとそうですよね~。

 銀の乳母さま
車に揺られるだけでお年寄りには負担ですものね~(´A`;)

 まりさま
その年齢年齢によって最善の策が変わって来ますものね!

 acchiさま
そうですか、インスリで・・・
でも8年間も一緒に過ごせたなんて素晴らしいです。

 よしださま
車に揺られて、いじくられて、針を刺されて・・・
弱った体には相当の負担ですよね~((゚Д゚ll))

 komimiさま
お陰様でうるるの様子はとても落ち着いています。
ウ○コ洗いは大変ですが~( ´艸`)

 ゆ~こさま
病気の対処には色々な考えがありますものね!

 ハムタロウさま
そうか、ちょこモカはもうお空の上かー。
月日が経つのは早いなぁ。
2010.07.17 Sat 21:47 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。